みやき町の自宅敷地内にあった工場を片付けていると、ハゼの実からろうを搾る機材などが残っていた。「これらがあれば再現できるかな」ともの作りへの興味で始めたのが、和ろうそく復活のきっかけだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加