佐賀県のインバウンド(訪日外国人客)について考える意見交換会が25日、嬉野市の嬉野公会堂であった。観光関連の事業者や行政関係者ら約70人が参加。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加