無所属の新人2人が争う東松浦郡玄海町長選は、29日の投開票に向け終盤に入った。前町議の脇山伸太郎氏(61)=諸浦=と元町議の中山敏夫氏(63)=今村=が酷暑に負けず駆け回り、激戦を繰り広げている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加