第42回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会は26日、群馬県の前橋フットボールセンターなどで決勝トーナメント1回戦があり、サガン鳥栖U-18(九州第1代表)は東京ヴェルディユース(関東第10代表)を3-2で下し、ベスト8入りした。

 準々決勝は28日にあり、サガン鳥栖U-18は午前9時から同センターで大宮アルディージャユース(関東第8代表)と対戦する。

▽決勝トーナメント1回戦

サガン鳥栖U-18 3ー2 東京ヴェルディユース

(前半1-2・後半2-0)

▽得点者【鳥】石井、平瀬、OG【東】松橋、三浦

このエントリーをはてなブックマークに追加