佐賀県は26日、鹿島市で90代男性が熱中症の疑いで死亡したと発表した。県内の死亡例は15日の太良町の女性に続き本年度2例目。

 県健康増進課などによると、26日午後2時35分ごろ、田んぼで男性が倒れているのを農業関係者が発見。駆け付けた救急隊員が確認すると、既に死後硬直が進んでいたという。

 本年度の県内の熱中症疑いの救急搬送(5月14日~7月26日午後3時)は500人と、前年同期より165人多い。

このエントリーをはてなブックマークに追加