演奏を披露する生徒ら=佐賀市日の出の佐賀市文化会館大ホール

 佐賀市文化会館で22日から開かれていた第59回県吹奏楽大会が25日、閉幕した。県内の小学校から一般までの88団体から2863人が参加し、5年連続となる昭栄中など九州大会に駒を進める7団体が決まった。

 大会は第63回九州吹奏楽コンクール県予選も兼ね、九州大会に推薦する団体を選んだ。小学校は嬉野小、中学校は昭栄中と城南中、高校は佐賀学園高Aと龍谷高A、大学は佐賀大学、職場・一般部門は佐賀市民吹奏楽団が代表に選出された。昭栄中は2014年の第55回大会から、5大会連続で九州大会の舞台に上がる。

 各部門の代表は、小学校が8月24日、中学校が25日、高校が26日に熊本県立劇場で開かれる九州大会に出場する。大学は9月1日、職場・一般部門は2日に佐賀市文化会館で大会がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加