支部長に就任し、あいさつする佐賀古民家再生協会の岩宗和人理事長(中央)=佐賀市のアバンセ

 古民家を活用したまちづくりを実施する団体「全国古民家再生協会佐賀第一支部」の設立総会が19日、佐賀市のアバンセで開かれた。九州各県の支部長など約20人が参加し、県内最初の支部設立を祝った。

 県内に残る古民家を安全に再生し、次世代に受け継ぐことを目的に支部を立ち上げた。今後、古民家推進会員を募り、古民家鑑定士を育成して地域に残る古民家の調査を進めていく。

 総会では、佐賀古民家再生協会の岩宗和人理事長が支部長に就任。岩宗支部長は「佐賀は自然が豊かな地域で、古民家も多く残っている。水もきれいで農作物もおいしい。持続可能な循環型建築社会の実現に向けて活動を進めていく」とあいさつした。

このエントリーをはてなブックマークに追加