競泳男子200メートル自由形決勝 1分54秒61の大会新で優勝し、拳を突き上げる柳本幸之介(青嶺)=佐賀市の県水泳場

 競泳男子200メートル自由形は、柳本幸之介(青嶺)が1分54秒61の大会新で優勝した。力強く伸びやかな泳ぎで従来の大会記録を一気に4秒短縮。予選で出した大会新を決勝でさらに2秒53上回り、周囲を驚かせた。

 柳本は昨年もこの種目で優勝。レース終盤の50メートルで失速する課題を克服しようと、この1年熱心に練習を重ねてきた。小学2年で水泳を始め、4年生の時に全国大会に初出場。そこから水泳に対する強い気持ちが生まれたという。

 標準記録も大きく上回り、8月に岡山県で開かれる全国大会へ駒を進める。「全国大会では1分53秒台を出し、3位内に入りたい」と力を込めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加