陸上女子3年100メートル決勝で優勝した清和の梶原光姫(右)。左は2位の永石小雪(唐津一)=佐賀市の県総合運動場陸上競技場

 陸上女子3年100メートル決勝は、梶原光姫(清和)が自己ベストを0秒04更新する12秒41で優勝した。ライバルの永石小雪(唐津一)に競り勝ち、「今年は(永石に)あまり勝てていなかったのでうれしい」と目を潤ませた。

 スタートから互角で、ほぼ同時のゴールだったが、永石を0秒02上回った。大会に向けて後半スピードが落ちないように意識して練習してきたことが実を結び、全国大会の参加標準記録も0秒12上回った。

 全国大会の前哨戦となる九州大会は8月9、10日。昨年は優勝を飾っており、「まずは九州で2連覇を目指したい」と抱負を語った。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加