決勝・唐津商―佐賀商 5回表唐津商2死一、二塁、追加点の好機で二飛に倒れる3番土井克也=みどりの森県営球場

 準々決勝で2本塁打を放つなど強打の唐津商を引っ張ってきた3番土井克也は、今大会初の無安打に終わった。「球速以上に球威があり、変化球も切れていた」。佐賀商・木村に力負けする格好になった。

 4打席全て得点圏に走者がいる状態で打順が回ってきた。「決めないといけないと思いすぎて、冷静じゃなかった」。外の直球とスライダーを主体にくると読んだが、チェンジアップや内角の直球で攻められた。最後の打席は二飛に打ち取られた。

 1年時は甲子園でマスクをかぶったが、「よく分からないうちに終わってしまった」と振り返る。最後の夏は主将としてチームをけん引する立場に。思い通りいかないことも多かったが、「自分が打たなくても誰かがエラーしても、補い合えるチーム」と、今では自信を持って言える。

 「自分が引っ張って甲子園へ連れて行きたかった」と土井。「この悔しさを持って練習に」。聖地への夢を後輩に託した。

このエントリーをはてなブックマークに追加