10年ぶりに見る光景に、涙がこぼれた。佐賀商の森田剛史監督(46)は優勝の瞬間目を赤くし、帽子で顔を覆った。伝統校の看板を背負いながら聖地を踏めなかった苦しい日々。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加