主砲の一振りが試合を決めた。1点差に迫られた八回裏、2死一、二塁で佐賀商の4番古賀輝希が放った打球は高々と伸びて右越え二塁打に。2点を追加し、唐津商の反撃の芽を摘んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加