九州新幹線長崎ルートの整備方式の結論先送りについて見解を述べた青柳俊彦社長=福岡市のJR九州本社

 JR九州の青柳俊彦社長は25日、福岡市で定例会見を開き、九州新幹線長崎ルートの新鳥栖-武雄温泉間の整備方式を巡り、与党検討委員会が結論を先送りしたことについて「暫定開業の先が方向付けられなかったのが残念。一日も早く方向付けられるように要望していく」と述べた。

 全線フル規格かミニ新幹線の二択で検討する方針が決まったが、武雄温泉駅で在来線特急と新幹線を乗り継ぐリレー方式(対面乗り換え方式)がいつまで継続するか見通せないことへの懸念を示した。「在来線の設備を残したまま新幹線の車両基地を運営することになる。(対面乗り換えが)長期化、固定化すると経営上厳しくなる。一刻も早く解消し、全線開業にたどり着きたい」と強調した。

 整備方式によっては巨額の追加負担が佐賀県に生じる。軽減策を国土交通省や与党から具体的に打診されていないかという質問に対しては「ないといったらうそになるが、いろいろな話を聞いている段階。『これでいこう』という決まったものはない」と述べるにとどめた。

このエントリーをはてなブックマークに追加