10年ぶり16度目の夏の甲子園出場を決め、マウンドに集まって喜ぶ佐賀商ナイン=佐賀市のみどりの森県営球場

優勝が決まった瞬間、大喜びする佐賀商応援のスタンド=佐賀市のみどりの森県営球場

 第100回全国高校野球選手権記念佐賀大会最終日は25日、佐賀市のみどりの森県営球場で決勝があり、佐賀商が唐津商を5-2で下し、10年ぶり16度目の夏の甲子園出場を決めた。

 佐賀商は二回、4番古賀輝希の右中間三塁打と5番山﨑陸の投手強襲安打で1点を先取。五回に相手守備の乱れに乗じて1点を奪い、七回に1点、八回にも2点を加えた。主戦・木村颯太は唐津商打線を2点に抑えた。

 全国大会は8月5日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。2日に組み合わせ抽選会が行われる。

高校野球佐賀大会・特集サイトはこちら

 佐賀商・森田剛史監督の話 悔しい思いをずっとしてきたので、勝てて本当にうれしい。唐津商の伊藤投手はそう打てないので、ギャンブル的な攻めをしようと決めていた。甲子園では思い切り暴れてほしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加