大阪ガス―三菱重工神戸・高砂 8回裏大阪ガス1死二塁、峰下が中前に先制打を放つ=東京ドーム

 第89回都市対抗野球大会最終日は24日、東京ドームで決勝が行われ、大阪ガス(大阪市)が三菱重工神戸・高砂(神戸市・高砂市)を2―0で破り、初優勝を果たした。

 3年ぶり3度目の決勝進出となった大阪ガスは0―0の八回に峰下(佐賀学園高出身)、近本の適時打で2点を奪った。八回途中までを6安打に抑えた温水からの継投も決まった。打率5割2分4厘をマークした近本が橋戸賞(最優秀選手賞)と首位打者を獲得した。

 48年ぶりの決勝に進んだ三菱重工神戸・高砂は初優勝を逃した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加