唐津商が今大会4度目となるコールド勝ちで決勝へ駒を進めた。勝利の立役者は1年で5番を務める坂本勇人。初回、左前打で貴重な追加点を奪うと、二回は2点二塁打を放った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加