準決勝・唐津商-龍谷 2回表唐津商2死一、二塁、5番坂本勇人が左翼線に2点適時二塁打を放つ=みどりの森県営球場

 唐津商が今大会4度目となるコールド勝ちで決勝へ駒を進めた。勝利の立役者は1年で5番を務める坂本勇人。初回、左前打で貴重な追加点を奪うと、二回は2点二塁打を放った。完封した主戦伊藤諒成は「初回に4点入って楽に投げられた」と、坂本ら打線の援護に感謝した。

 初回、1点を先制し、1死二、三塁で打順が回ってきた。「後ろにつなぐことだけを意識した」と坂本。真ん中のスライダーをはじき返すと、打球は左翼手前に落ち、1人が生還した。次の打席もその感覚を忘れず、同じようなスライダーを左翼線に運んだ。

 1~3回戦は打率6割超と絶好調だったが、準々決勝では1本も打てなかった。打席に立った時に違和感があったが、理由は分からなかった。試合後、自宅で試合の録画を見直していると、父親から普段との違いを指摘された。膝を曲げて重心を落とし、足を上げるタイミングを早めることを意識して臨んだ。

 結果は4打数3安打で3打点だったが、3打席目は投ゴロで「ボール球に手を出してしまった」と坂本。慢心することなく、決勝へ闘志を燃やした。

このエントリーをはてなブックマークに追加