甲子園に懸ける思いが重くのしかかった。龍谷の先発田中翔己は立ち上がり制球に苦しみ、二回にマウンドを降りた。徳山誠一朗監督は「初回が全て。流れと雰囲気にのまれてしまった」と悔やんだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加