準決勝・唐津商-龍谷 2回表、唐津商に6点目を奪われ、厳しい表情を見せる龍谷の先発田中翔己=みどりの森県営球場

 甲子園に懸ける思いが重くのしかかった。龍谷の先発田中翔己は立ち上がり制球に苦しみ、二回にマウンドを降りた。徳山誠一朗監督は「初回が全て。流れと雰囲気にのまれてしまった」と悔やんだ。

 「自分の力で勝つ」。強い気持ちで臨んだが、力んでしまった。二回までに5四死球を与え、不完全燃焼のまま松尾和樹にマウンドを譲った。

 龍谷は今大会、3回戦で早稲田佐賀を4安打完封した田中のほか、松尾、原口倫和の3本柱で勝ち進んできた。「俺たちが抑えれば負けない。勝ちに導こう」と力を合わせてきただけに、試合後は涙をこらえきれなかった。

 ただ、夏の大会で4強入り。「龍谷で野球ができてよかった」と田中。最後は涙を拭いた。※高校野球佐賀大会・特集サイトはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加