九州電力サイト内の熱中症対策プラン説明ページ

 高齢者の適切な冷房利用を促そうと九州電力が設けた8、9月の電気料金を割り引く新プランに申し込みが殺到している。23日の受け付け開始から24日午後4時までに約6千件が成約する一方、電話がつながりにくい状況が続いた。九電は「ご迷惑をお掛けし申し訳ない。8月の検針日前日までに申し込めば全ての方が8月分から割り引かれるので、つながりにくい場合は日を改めて」と呼び掛けている。

 九電によると、問い合わせ件数の増加を見込み、24日からは本店(福岡市)の電話回線を30回線増やした。広報担当者は「予想以上の反響だ。営業本部や各営業所がフル回転で対応しているが追い付かない」と話した。

 期間限定の熱中症対策プランは、75歳以上の高齢者が同居し「スマートファミリープラン」に加入している家庭が対象。「再生可能エネルギー発電促進賦課金」を除く8、9月の電気料金を1割引きする。

このエントリーをはてなブックマークに追加