サガン鳥栖は24日、韓国代表DF鄭昇炫(チョン・スンヒョン)がJ1鹿島アントラーズへ完全移籍すると発表した。

 鄭昇炫は昨年6月に蔚山(韓国)から完全移籍で鳥栖に加入。17年は16試合で1得点、今季はここまで11試合で1得点を挙げていた。韓国代表として今年のワールドカップ(W杯)ロシア大会を経験した。

 鄭昇炫はクラブを通じ、「自分を成長させてくれた鳥栖に感謝している。さらに大きな選手になれるよう頑張る」とコメントした。

このエントリーをはてなブックマークに追加