三日月小周辺のカーブミラーを点検、清掃する小城地区安全運転管理者協議会の会員事業者ら=小城市三日月町

 小城地区安全運転管理者協議会(山本康徳会長)は19日、小城市の三日月小周辺のカーブミラーの点検、清掃を行い、ぞうきんなどで汚れを落とした。

 子どもたちの通学路の安全を確保しようと、業務車両を保有する建設会社や工務店、運送会社など会員22社から約40人が参加した。小城署員の立ち会いの下、スクールゾーンに設置された22カ所を磨き、鏡のずれを修正した。

 小城署管内の交通事故は6月末まで、前年同期から微増で推移。追突事故が後を絶たないという。福島寛人署長は「猛暑の中、心を込めて点検してもらい、ありがたい。皆さんの地道な取り組みは地域の安全意識の向上につながる」と炎天下での作業を見守った。

 協議会は交通安全県民運動に合わせて年4回、小中一貫校を含む市内8小学校周辺のカーブミラーを自主的に点検、清掃している。

このエントリーをはてなブックマークに追加