西日本豪雨によって、流木などが流れ着いた嬉野市の轟の滝公園で22日、地域住民らによる清掃活動があった。嬉野市議会の議員や住民ら約30人が参加。本格的な夏の訪れを前に、有志が公園の汚れを落とした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加