戦うカブト虫力士を応援する子どもたち=太良町B&G海洋センター体育館

 第34回全日本カブト虫相撲大会が22日、太良町の町B&G海洋センター体育館で開かれた。県内外から小学生や園児ら220人が参戦し、力自慢の“力士”たちが激しい戦いを繰り広げた。会場は熱気に包まれ夏休みを満喫する子どもたちの笑顔がはじけた。

 太良町の佐賀西部コロニーが毎年開いている。直径20センチの土俵で、東西2匹が角で突き合い土俵際の攻防を見せた。職員が行事を務め「さあ来た」「にらみ合ってるぞ」と実況で盛り上げた。勝負が決すると背負い投げや突き出しなど「決まり手」が読み上げられた。

 子どもたちは、はちまきを締めて声援。宇津見竜也君(5)=白石町=は「かっこよかった」と健闘をたたえた。ほかにもカーリングの石を引っ張る「力比べ」や、50センチの壁を上る「ボルダリング」などの種目が設けられた。

 スピード勝負の競歩で優勝した有明南小3年の山田隼士君(8)は「カブト虫が頑張ってくれた。優勝できてうれしい」と笑顔を見せた。

 成績は次の通り(敬称略)。

 相撲(1)永倉昂学(神埼幼稚園)(2)笹渕俊乃介(武雄小)(3)伊藤大葵(大楠小)(4)塩崎大蔵(田原小)▽力くらべ(1)森航士朗(花島保育園)(2)古賀剣心(三日月小)(3)山崎亨斉(開成小)▽ボルダリング(1)藤田陸斗(風の谷保育園)(2)今村力輝斗(晴田小)(3)富安成喜(六合小)▽競歩(1)山田隼士(有明南小)(2)内田杏奈(東与賀小)(3)廣渡健太(須恵第二小)

このエントリーをはてなブックマークに追加