政府の地震調査研究推進本部の総合部会は23日、南海トラフや日本海溝などで起きると想定される海溝型地震の危険度を発生確率に基づいて4段階にランク分けする案を承認した。

このエントリーをはてなブックマークに追加