模擬装置を使った温度差発電の説明に聞き入る子どもたち=伊万里市の佐賀大海洋エネルギー研究センター

 伊万里市山代町の佐賀大海洋エネルギー研究センターで14日、施設見学会が開かれた。参加者は再生可能エネルギーとして注目される海洋温度差発電や波力発電について、研究者の説明に熱心に耳を傾けた。

 県内外から親子連れなど150人以上が参加した。施設内にあるさまざまな実験装置を見て回り、研究者の解説を聞きながら海のエネルギーを電力に変える仕組みを学んだ。センターが主催する「全国海エネ絵はがきコンテスト」の表彰式もあり、小学生低学年の部最優秀賞の小松りょうさん=松浦小1年=らに賞状が手渡された。

 他の受賞者は次の通り(敬称略)

 【小学生低学年の部】優秀賞 横田いろ葉(松浦3年)森涼介(大川内2年)▽入選 深川蓮侍(三里3年)小松舜(大川2年)山口あお(山代西1年)

 【小学生高学年の部】最優秀賞 南亮輔(三里6年)▽優秀賞 川田纏(大川内6年)大橋卓(赤松6年)▽入選 前川朝陽(山代西4年)如田杏樹(東山代6年)江島朋奈(南川副4年)

 【中学生の部】最優秀賞 荒木善信(国見3年)▽優秀賞 横山紗音(愛媛大付属2年)山崎光釉(熊本大付属1年)▽入選 杉原知遥、樋口美音(国見3年)山野井裕紀(兵庫教育大付属3年)

 【特別賞】横山晴美(伊万里3年)

このエントリーをはてなブックマークに追加