任期満了に伴う東松浦郡玄海町長選は24日、告示される。町議の脇山伸太郎氏(61)=諸浦=と元町議の中山敏夫氏(62)=今村=の2人が立候補を表明しており、一騎打ちになる見通し。投開票は29日。

 脇山氏は、政策推進室や図書購入助成金の新設、1次産業への就業支援など住民サービスの拡充を打ち出し、「豊かな生活ができる町づくり」を掲げる。

 中山氏は、保育料と学校給食の無料化を公約に「住みたい町、住んでよかった町」を目指す。原発関連交付金の充当先をソフト事業に拡大することも訴える。

 立地する九州電力玄海原発については脇山氏が「容認」、中山氏が「共存共栄」の考えを示している。

 立候補の届け出は24日午前8時半~午後5時まで、町役場で受け付ける。期日前投票は25~28日の午前8時半~午後8時まで役場で行う。選挙人名簿登録者数は6月1日現在で4794人(男2424人、女2370人)。

このエントリーをはてなブックマークに追加