堀米雄斗

 【ニューヨーク共同】若者に人気の都市型スポーツの総合大会Xゲームの米ミネアポリス大会は22日、2020年東京五輪で初採用されるスケートボードのストリート男子決勝が行われ、期待を集めた19歳の堀米雄斗は4位に終わった。

 世界各地で開催されるXゲームは北米大会が最も格式高い。堀米は89・00点で、0・66差で表彰台を逃した。

 堀米は今年、プロ最高峰ツアーのストリートリーグで2連勝し、Xゲームに並ぶプロ大会のデュー・ツアーも制した。世界のトッププロの中でも一線を画す強さで、東京五輪でのメダル獲得の期待が膨らんでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加