交通安全子供自転車全国大会での活躍を誓う児童たち=鳥栖署

 交通安全子供自転車全国大会に出場する鳥栖小6年の児童4人が20日、鳥栖署を訪れ、北野一信署長や毛利定俊鳥栖三養基地区交通安全協会長らに報告した。児童たちは「全力を出し切りたい」と抱負を語り活躍を誓った。

 全国大会に出場するのは松野寛哉さん、森大晟さん、田嶋詩吹さん、島崎海東さん。鳥栖小チームは、16校が出場した6月の県大会で3連覇を飾り、全国への切符を獲得した。個人戦でも1~3位を独占した。

 報告会では、毛利会長が「県の代表としてしっかり練習して、佐賀の名を全国に広めてほしい」とあいさつ。北野署長は「練習の成果をいかんなく発揮して」と激励した。児童は「鳥栖小を優勝させたい」「自分の力を出して、悔いのないように終わりたい」と決意表明し大きな拍手を受けた。

 報告会は23日にも鳥栖市役所で開かれ、橋本康志市長らに出場報告する。

 全国大会は8月8日、東京都江東区の東京ビッグサイトで開かれる。同校は昨年、一昨年も出場し、いずれも7位入賞を果たした。

このエントリーをはてなブックマークに追加