第38回国体九州ブロック大会は22日、鹿児島県の大崎町ビーチスポーツ専用競技場などでビーチバレー、カヌー、馬術があった。佐賀県勢はビーチバレーの男子が代表決定戦で鹿児島を2-0で下し、本国体出場を決めた。カヌーは男子3種目、馬術は少年個人で本国体出場権を獲得した。

 ▽カヌー

 【男子】成年カヤックシングル (3)菊田和真1分43秒87=本国体出場▽少年カヤックシングル (3)大岩歩夢1分51秒77=本国体出場▽同カヤックペア (3)福岡鷹・野田悠斗1分44秒99▽同カナディアンシングル (3)古賀勇馬1分59秒90=本国体出場▽同カナディアンペア (4)川口竜輝・城島拓史1分56秒13

 【女子】成年カヤックシングル (5)森山萌2分1秒94

 ▽馬術

 ◇最終日

 【少年】スピードアンドハンディネス (4)成富海(6)山田義貴

このエントリーをはてなブックマークに追加