煎茶道の祖高遊外売茶翁(1675~1763年)が出家した龍津寺(りゅうしんじ)(佐賀市巨勢町)で17日、売茶翁を紹介する案内板の除幕式が開かれた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加