水害で伊万里市の大川小から流失した同校入り口を示す標柱(長さ約2メートル)が、約40キロ先の福岡県糸島郡志摩町(現糸島市)から戻ってきた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加