国道に転落、横転したスキーバス=2016年1月、長野県軽井沢町

 記者会見するスキーバス事故の遺族会代表の田原義則さん。年内にもバス運行会社を提訴する方針を明らかにした=22日午後、東京都千代田区

 2016年に大学生ら15人が死亡した長野県軽井沢町のスキーバス事故の遺族会「1・15サクラソウの会」が22日、東京都内で会合を開き、年内にもバス運行会社「イーエスピー」(東京都羽村市)を相手に損害賠償を求めて訴訟を起こす方針を決めた。会合後、遺族会メンバーが弁護士同席で記者会見して明らかにした。

 遺族会によると、請求額や訴訟を起こす裁判所、運行会社以外の相手方については、協議して今後詰める。遺族会に不参加の遺族とも、訴訟への参加、不参加について話し合う方針だ。

 事故は同年1月に起き、大学生13人と運転手2人が死亡し、26人が重軽傷を負った。 

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加