大相撲名古屋場所で初優勝を果たし、パレードで手を振る関脇御嶽海(右)=22日、名古屋市のドルフィンズアリーナ

 大相撲名古屋場所千秋楽(22日・ドルフィンズアリーナ)14日目に平成生まれの日本出身力士で初の優勝を決めていた関脇御嶽海は平幕豊山の掛け投げに屈し、13勝2敗で終えた。

 御嶽海は3度目の殊勲賞と2度目の技能賞も受賞し、来場所は大関昇進に挑戦する。12勝目を挙げた豊山は初の三賞となる敢闘賞に輝いた。

 大関同士の顔合わせは、豪栄道が高安を難なく送り出して10勝目を挙げた。高安は9勝6敗だった。関脇逸ノ城は遠藤を押し倒して勝ち越した。11勝をマークした朝乃山は2度目の敢闘賞を獲得した。

 十両は貴ノ岩が2敗目を喫したが、優勝決定戦で隆の勝を引き落として制した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加