準々決勝・鳥栖商-龍谷 6回裏龍谷2死一塁、9番古賀俊哉が左中間に適時打を放ち、三塁に達する=みどりの森県営球場

 龍谷に流れを引き寄せたのは主将・古賀俊哉の一打だった。「運も味方をしてくれたのか、風に乗って飛んでくれた」と古賀。六回2死一塁から内角低めの直球をはじき返すと、左中間を破る適時三塁打になった。チームは勢いづき、この回1点差に詰め寄り、七回に逆転を果たした。

 鳥栖商に小刻みに点を奪われ、六回の攻撃を迎えた時点で1-4。相手投手はそこまで8四死球で、塁は埋まるが、ここ一番でバットが振れていなかった。五回終了時に「積極的に振ろう」とチームで話したが、六回は先頭から2人が見逃し三振。「きっかけが必要。主将の自分が変わらないと」と狙っていた低めの球を思い切り振り抜いた。

 序盤は自身のバント失敗も含めてミスが多く、自分たちでリズムを乱す格好となった。「もう一度全てのプレーを見直す」。持ち前の守備力で準決勝に臨む。

このエントリーをはてなブックマークに追加