第38回国体九州ブロック大会は21日、鹿児島県の大崎町ビーチスポーツ専用競技場などでビーチバレー、馬術、水球があった。佐賀県勢はビーチバレーの男子が4県ずつで争うグループ戦で沖縄、熊本にいずれも2-0で勝ち、2位までが進める代表決定戦に向けて弾みをつけた。

▽ビーチバレー
 ◇第1日
 【男子】グループ戦Aパート 佐賀2-0沖縄、佐賀2-0熊本
 【女子】グループ戦Cパート 宮崎2-0佐賀、長崎2-0佐賀

▽馬術
 ◇第1日
 【成年女子】馬場馬術 (2)古賀千尋
 【少年】馬場馬術 (3)川浪愛莉▽標準障害飛越 (5)成富海(8)志田朱音▽団体障害飛越1回戦 佐賀(志田朱音、山田義貴)276-363宮崎、鹿児島8-220佐賀

▽水球
 ◇第1日
 【少年男子】第1、第2代表決定戦1回戦 宮崎18-12佐賀▽第3代表決定戦1回戦 熊本17-9佐賀

このエントリーをはてなブックマークに追加