白いガスを吐きながら総がぶりを見せる2番山・東町の「唐獅子」。奥は1番山の「浮立面」=鳥栖市

 鳥栖市の夏祭り「鳥栖山笠」が21日に開幕した。今年の1番山・秋葉町の「浮立面」を先頭に6基の山笠が同市本町の八坂神社を出発し、勇壮に中心市街地を練り歩いた。

 見どころは山笠を前後に激しく揺さぶる「がぶり」。本通筋商店街に6基の山笠を並べ、そろいの水法被に締め込み姿の男衆たちが一斉にがぶりを行う「総がぶり」を披露すると、沿道から歓声と力水が飛び、祭りは最高潮に。1番山の蓮本博記・秋葉町区長(74)は「元気なところを八坂の神様に見せたい」と心意気を示していた。

 猛暑のため、コースを短縮して巡行した。22日も午後1時に八坂神社を出発し、1時半ごろから本通筋商店街で総がぶりを行う。

このエントリーをはてなブックマークに追加