準々決勝・佐賀商-鳥栖 鋭く腕を振り、力投する鳥栖の中尾文治=みどりの森県営球場

 鳥栖の主戦・中尾文治は、毎試合10本以上の安打を量産していた佐賀商打線を八回まで3安打に抑えたが、最終回に先頭からの3連打と犠飛で逆転された。「技術1割、気持ち9割と言われていたのに、気持ちで負けた」。目を真っ赤にして声を震わせた。

 初回を3人で抑えるなど上々の立ち上がりだった。「名前も実力もある。一人一人抑えていくしかない」と全力投球。切れのある変化球で相手打者の芯を外し、安打を許さなかった。ただ、体が先に悲鳴を上げた。八回に足がつりはじめ、九回の同点打はカウント1-2から甘い球が入ってしまった。

 ずっと中尾の球を受けてきた捕手の石丸慎之介は「今までで1番の投球。終盤もやれることを全力でやってくれた」とかばった。昨夏は決勝で敗れ、今大会は8強。「去年と今年の悔しさを忘れないでほしい」と2人。後輩に強い思いを託した。

このエントリーをはてなブックマークに追加