大相撲名古屋場所で御嶽海が栃煌山を寄り切りで下し、初優勝を決める=21日、名古屋市のドルフィンズアリーナ

 大相撲名古屋場所で御嶽海が栃煌山を寄り切りで下し、初優勝を決める=21日、名古屋市のドルフィンズアリーナ

 大相撲の西関脇御嶽海(25)=本名大道久司、長野県出身、出羽海部屋=が21日、名古屋市中区のドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で行われた名古屋場所14日目に平幕栃煌山を寄り切り、13勝1敗として初優勝を決めた。平成生まれの日本出身力士として初。

 東洋大時代にアマチュア横綱に輝いた御嶽海は長野県出身として、現行の優勝制度が確立した1909年夏場所以降、初制覇。2015年春場所に幕下10枚目格付け出しでデビューしてから21場所での初優勝は、年6場所制となった1958年以降、出島と並び3位の速さとなった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加