準々決勝・佐賀学園-唐津商 先発して力投する佐賀学園の山下光聖=みどりの森県営球場

準々決勝・佐賀学園-唐津商 6回裏、唐津商に勝ち越しを許し、マウンドの池田大夢(左)のもとに集まる佐賀学園ナイン=みどりの森県営球場

 一時は逆転したが、その後は唐津商の猛攻を止められなかった。第1シードの佐賀学園は、山下光聖と池田大夢の継投が実らず、八回コールド負け。木村佳正監督は「途中まで粘っていたが、いっぱいいっぱいだった」と悔しさをにじませた。

 六回に同点とされ、先発の2年山下に代わり、3年の池田がマウンドに上がった。

 昨夏を経験し、3回戦・佐賀西戦でも救援して流れを断ち切っていただけに「ここで絶対に抑える」と思いは強かった。ただ、全体的にボールが浮き、連打を浴びた。

 「きつくても乗り越えていこう」と、夏に向けて互いに高め合ってきた2人。池田は「山下には来年もある。チームを引っ張ってほしい」と語り、山下は「来年は自分がエースとして甲子園に行く」と思いを引き継いだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加