準々決勝・唐津工-有田工 最後の打者を打ち取り、雄たけびを上げる有田工の先発笠原浩哉=みどりの森県営球場

 気迫を込めた投球で流れを渡さなかった。有田工は笠原浩哉が唐津工打線を2点に抑えて完投した。打っても二回に左中間二塁打を放って先制点を挙げ、投打でチームをけん引した。

 3回戦・伊万里農林戦では2番手として四回に登板した直後に連打を浴びて1失点。それでも、「うちのエースはお前だ」と、試合直後には梅崎信司監督から準々決勝での先発を告げられた。

 「きょうは自分がしっかりしないと」。六回に2点を失って1点差に迫られ、なおも2死三塁と一打同点のピンチとなったが、力のある直球で左飛に打ち取った。

 最終回は三者連続三振で試合を決め、最後の打者のバットが空を切ると、「ヨッシャー」と声を上げて拳を握った。

 「きょうは大きく腕を振れた。次も丁寧に投げたい」。接戦を制し、準決勝に向けて弾みを付けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加