準々決勝・佐賀学園-唐津商 6回裏、唐津商に勝ち越しを許し、マウンドの池田大夢(左)のもとに集まる佐賀学園ナイン=みどりの森県営球場

準々決勝・佐賀学園-唐津商 4回裏唐津商無死、3番土井克也が先制の右本塁打を放つ。投手山下光聖=みどりの森県営球場

 ▽準々決勝(みどりの森県営球場)

佐賀学園000002002

唐津商00010513×10

   (八回コールド)

▽本塁打 土井2(唐)

▽三塁打 岩本(唐)▽二塁打 市丸遼、岩本(唐) 

 

 【評】唐津商は3番土井が2本塁打の活躍。好機を逃さず、佐賀学園に八回コールド勝ちした。

 唐津商は四回、先頭の土井が右翼席に本塁打を放って1点を先取。1-2で迎えた六回は四死球などで2死満塁とし、伊藤、三木田、岩本の3連打で一挙5点を奪い逆転した。七回に1点を加え、八回は岩本の適時二塁打と土井の2点本塁打で勝負を決めた。

 佐賀学園は六回、4番松尾の適時打などで一時逆転したが、直後の大量失点で流れを失った。

 

唐津商10―2佐賀学園

 佐賀学園打安点

(8) 棚 町300

(4)  秀 300

(6) 小 池310

(9) 松 尾411

(2) 河 端310

(3) 古 賀400

(5) 冨 永310

(7) 鉄 本200

(1) 山 下200

1 池 田100

   計 2841

 振球犠盗失併残

 6322107

 

  唐津商打安点

(8) 岩 本533

(4) 市丸絋400

(2) 土 井323

(7) 吉 川300

(5) 坂本勇200

(9) 山 下310

(3) 市丸遼211

(1) 伊 藤411

(6) 三木田212

   計 28910

 振球犠盗失併残

 2830306

投 手回 安振球

山 下52/3326

池 田2 602

……………………

伊 藤8 463

このエントリーをはてなブックマークに追加