準々決勝・有田工-唐津工 唐津工打線を2点に抑え、完投した有田工の笠原浩哉=みどりの森県営球場

準々決勝・有田工-唐津工 6回裏唐津工1死一、二塁、6番鶴桂吾が右前適時打を放つ=みどりの森県営球場

 ▽準々決勝(みどりの森県営球場)

有田工021000010 4

唐津工000002000 2

▽二塁打 笠原(有)

 

 【評】有田工が終始リードを守り、粘る唐津工を振り切った。

 有田工は二回、先頭の6番前田の右前打を足掛かりに1死二塁とし、8番笠原の左中間二塁打で1点を先取。続く木寺の中前打でさらに1点を追加した。三回は機動力を生かし、2死二塁から前田の左前打で1点を加えた。笠原は力のある直球で唐津工打線を2点に抑えて完投した。

 唐津工は六回、6番鶴の右前適時打などで2点を奪ったが、後続を断たれた。

 

 唐津工・岡部修平(六回に2得点の口火となる中前打)今大会は打てていなかったので、何としても1本打ちたかった。

 

有田工4―2唐津工

  有田工打安点

(7)  堤 311

(4) 佐 藤300

(9) 梅 崎400

(2) 野 村320

(5) 一ノ瀬翔

     300

(6) 前 田421

(3) 春 田400

(1) 笠 原431

(8) 木 寺211

   計 3094

 振球犠盗失併残

 37630112

 

  唐津工打安点

(8) 鈴 木410

(7) 上 田400

(9) 楠 田210

(3) 岡 部310

(2) 姉 川100

2 池 田310

(6)  鶴 421

(1) 岩 本100

1 本 村301

(5) 松尾将210

H 嶋 本100

5 〓 田100

(4) 常 住300

   計 3272

 振球犠盗失併残

 7301106

投 手回 安振球

笠 原9 773

……………………

岩 本3 512

本 村6 425

このエントリーをはてなブックマークに追加