【きょうの催し】

 グググッ!グリコ展-佐賀に生まれた創業者江崎利一の想いにせまる-(9月2日まで、佐賀市城内の県立美術館)◆からつ土曜夜市(8月11日まで、唐津市の中央商店街)◆夏休み陶芸教室in飛龍窯工房2018(8月12日まで、武雄市の飛龍窯工房)◆嬉野温泉土曜夜市(嬉野市嬉野町の嬉野温泉本通り商店街)◆鳥栖山笠(22日も、鳥栖市の鳥栖八坂神社及び市中心市街地一帯)◆徳須恵祇園祭(22日も、唐津市北波多徳須恵区内)◆浜崎祇園祭(22日も、唐津市浜玉町)◆OKADA-ROOM VOL.11(11月18日まで、佐賀市城内の県立美術館)◆自由研究道場2018(8月31日まで、武雄市武雄町の県立宇宙科学館)◆天文祭 ~Star Festival~(武雄市武雄町の県立宇宙科学館)◆北島千夏子ピアノリサイタル~佐賀で初めてのリサイタル~(神埼市千代田町の市文化会館はんぎーホール)

 

【巡回車】(22日)

 ◆胃がん・子宮がん・乳がん・大腸がん・肺がん検診 8時=鳥栖市保健センター(予約制、女性優先)、みやき町農村環境改善センター▽8時半=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)

 ◆献血車 10~16時半=佐賀市・ゆめタウン佐賀

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

 

【譲ります】

 ☆猫 生後3カ月の雑種(キジ・雌1、シャム風・雌1、白・雄1)。ノミダニ駆除・便検査・3種混合ワクチン済み。佐賀市、電話080(5609)0449、甲斐(佐賀新聞HPに写真)

 

【感染症】

 (9~15日)

 報告数の多い疾病は(1)ヘルパンギーナ=204件(2)手足口病=98件(3)感染性胃腸炎=39件(4)RSウイルス感染症=28件(5)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎=25件

 (数字は県内の指定届け出機関の患者数=県感染症情報センター調べ)

 

【イベント】

 ◆サガハイマット一般公開

 (21日13~16時、鳥栖市原古賀町の九州国際重粒子線がん治療センター=サガハイマット)診察室、治療室、加速器室を医療スタッフらが説明する。3月から治療を始めた治療室Cも見学できる。事前申し込み不要。参加無料。駐車場なし。問い合わせは佐賀国際重粒子線がん治療財団、電話0942(81)1897。

 ◆鳥栖山笠

 (21、22日13時、鳥栖市本町の八坂神社を発着点~中心市街地)男衆に引かれた6基の山笠と4基の子ども山が勇壮に中心市街地を練り歩く。今年で90周年。両日とも13時半ごろから、中心市街地の本通筋商店街で山笠を一斉に前後に激しく揺さぶる見せ場「総がぶり」を披露。21日は13時40分ごろから中央公園内でタイムレース「祇園旗廻り」を行う。

 ◆天文祭 ~Star Festival~

 (21日14時、武雄市武雄町の県立宇宙科学館)昼から夜まで楽しみながら宇宙を学ぶ。14時~17時に「星座早見」の工作と使い方の説明会(当日先着順。小学3年生以下は保護者同伴)、14時~15時は科学館の小型望遠鏡を組み立てて実際に使ってみる体験会を行う(要事前申し込み)。16時~17時に火星の模型(火星儀)のペーパークラフト(限定50個)、18時からは「火星大接近~火星の謎に迫る~」のテーマで日本天文学会会員の浅田英夫さんが講演する(定員190人)。19時半~21時半は科学館の望遠鏡、アマチュア天文家こだわりの望遠鏡などもずらりと並べた大観望会を行う。15時~17時、19時半~20時半には「マイ望遠鏡を使いこなそう!」と望遠鏡の使い方をレクチャーする。問い合わせは、電話0954(20)1666。

 ◆わんにゃん譲渡会&フリーマーケット

 (22日11~14時、佐賀市呉服元町の656広場)フリーマーケットは日用品や動物用品など。ハッピーボイスの甲斐さん。

 ◆サマーマルシェinあいぱれっと

 (8月4、5日10時~16時、多久市北多久町の市まちづくり交流センター・あいぱれっと)「食・住・体(健康)」をテーマに、グラスアート体験や爪の手入れ、リンパ液の流れを良くするマッサージのコーナーなど。多久市内を中心に2日間で26店が出店し、雑貨や軽食も販売。各店の利用や買い物でたまるスタンプラリーは、スタンプ三つで豪華賞品が当たる抽選会に参加できる。主催の中村さん。

 

【告知板】

 ◆オリジナルパッケージ「グリコ プリッツサラダ」プレゼント

 (21日~、鳥栖サテライト館=中冨記念くすり博物館、鳥栖プレミアム・アウトレット)肥前さが幕末維新博コラボ企画。博覧会関連施設や公共施設などに設置したチラシを、サテライト館やアウトレットに持参した来場者に、サテライト館仕様にデザインしたオリジナルパッケージの「グリコ プリッツサラダ」をプレゼントする。チラシ1枚に付き1箱、一人1回限り。1万個限定。チラシの設置場所は博覧会HPで確認できる。問い合わせは維新博事務局、電話0952(25)7481。

 ◆看護職再就業支援研修会(6日コース)

 (9月4~11日、佐賀市久保田町の県看護協会ナースセンターで講義)看護職の資格を持ちながら、ブランクがあるために不安を感じている再就業希望者を対象とした研修会。4~6、11日は同センターで講義があり、7、10日は受講者の住所近くの受け入れ病院で実習を受ける。

 受講無料。未就学児の託児は佐賀市神野東の「青い鳥保育園」で無料。実習日が適用となる損害賠償保険に加入する。受講申し込みは県看護協会のホームページでダウンロードした受講申込書に必要事項を記入し、〒849-0201 佐賀市久保田町徳万1997-1 県看護協会ナースセンターに郵送する。31日まで。同センター、電話0952(51)3511。

 

【LIVE】

 ◆北島千夏子ピアノリサイタル~佐賀での初リサイタル~

 (21日14時、神埼市千代田町の市文化会館はんぎーホール)佐賀市のピアニスト北島千夏子さんが、ソロとしては佐賀で初めて開く。バッハの「平均律第2巻・ヘ長調」やショパンの「バラード第1番」、スクリャービンの「ピアノソナタ第4番」、リスト「森のささやき」「ダンテを読んで」など。大人1500円(当日300円増)、学生1000円(同200円増)。実行委員会の北島さん。

 

【講演会】

 ◆放送大学オープンキャンパス公開講座「心理臨床面接の経験知」

 (21日14~16時、佐賀市天神のアバンセ第1研修室)臨床心理士で佐賀大医学部の村久保雅准教授が、三十数年に及ぶ心理臨床面接歴などを元に、日々の暮らしやコミュニケーションを豊かにするヒントを教える。定員40人。住所、氏名、電話番号を添えて放送大佐賀学習センター、電話0952(22)3308またはファクス0952(22)3398、メールsaga-sc@ouj.ac.jp。

 ◆博美セミナー「お盆の話―十王図や地獄図に描かれたもの―」

 (22日13時30分~15時、佐賀市城内の佐賀県立美術館2階画廊)昔の人が考えていた地獄やあの世の姿について、立畠敦子学芸員が分かりやすく話す。無料。同館、電話0952(24)3947。

 

【新役員】

 ◆国際ソロプチミスト伊万里

 会長 隈部ヤヨイ▽会長エレクト 榎本智津子▽レコーディングセクレタリー 岩永浩子▽コレスポンディングセクレタリー 大屋芳子▽トレジャラー 水田妙子▽アシスタントトレジャラー 北風由美子▽理事 山口千鶴、平山智美、庄山伊都子

このエントリーをはてなブックマークに追加