吉野ヶ里町の東脊振中(三上智一校長)の生徒たちが、西日本豪雨の支援をしようと、19日まで募金活動を実施した。「少しでも被災者の力になりたい」という生徒たちが集まり、復旧、復興への願いを込めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加