小城市の元商工観光課長=退職=による不適切な会計処理など、一連の不祥事を追及している「小城市をよくする市民の会(小城市民の会)」の住民監査請求で、市監査委員事務局は20日、「監査結果を9月3日に報告する」と明らかにした。市民の会は報告の内容次第で、住民訴訟を検討する姿勢を見せている。

 市民の会は監査委員事務局に意見陳述もする。代表世話人(70)は「市が税金の使い方をもっと真剣に考える機会にしたい」と話している。

 市民の会は20日夜、小城町の「ゆめぷらっと小城」で勉強会を開き、参加者に住民監査請求の経緯や内容を説明した。清水の滝ライトアップ(清水竹灯り)事業などを巡り「財務会計処理の違法性が疑われ、是正を求めたかった」と理由を述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加