ホーバークラフトを床に走らせる児童

 ホーバークラフトは水陸両用の乗り物で、空気の力を利用して船体を浮上させて走行する乗り物です。今回は講師の平原和行さんの指導で、身の回りにある材料を使って作りました。

 大判のビニール袋片面に大きく穴を開けダンボールに貼り付けた後、ペットボトルの取っ手を付けるという簡単な工作ですが、バランスよく走らせるために作業は慎重に行います。

 出来上がったホーバークラフトを持ってワクワクしながら体育館に移動し遊びました。より遠くまで走らせるには、床に面したビニール袋にどのくらい空気を取り込めるかと、ホーバークラフトの送り出しが大切です。失敗を繰り返しながらも友だちと教えあい、だんだん上達していくと、体育館のあちこちで歓声が上がるようになりました。

 工作を通して科学遊びを体験できた楽しい時間でした。(コーディネーター・手塚うた子)

このエントリーをはてなブックマークに追加