雨の中、うんざりした様子で歩く観光客ら=5日、札幌市中央区

 気象庁は20日、北海道を除く全ての地方が梅雨明けしたと発表した。「北海道には梅雨がない」とされるため、こうした表現となるが、今年6月下旬~7月上旬の北海道では、北上した梅雨前線が停滞するなどし、梅雨と似た状況が続いた。日照不足で農作物への影響も心配されている。

 気象庁によると、梅雨とは、6~7月に北からのオホーツク海高気圧と南からの太平洋高気圧がぶつかって梅雨前線が発生し、ぐずついた天気が続くことを言う。太平洋高気圧の強まりに伴い、梅雨前線は日本列島を南から北に移動するが、通常は北海道に到達する前に衰える。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加