断水を伝える済生会呉病院の張り紙=10日、広島県呉市

 西日本を中心とした豪雨により広島や愛媛、岡山など6府県の計95の医療機関が浸水や断水、停電などの被害を受けたことが20日、厚生労働省のまとめで分かった。診療停止や手術延期、患者のヘリコプター移送につながったケースもあり、多数の患者に影響が出た。病院が機能不全に陥る事態は大災害のたびに起きている。豪雨で甚大な被害が出てから2週間。専門家は「今後も全国で起こり得る。防災や相互支援計画の充実が急務」と指摘する。

 厚労省の地域医療計画課が病院や診療所の被害状況を調査し、20日朝までの集計で広島県64、愛媛県20、長崎県5、京都府2、岡山県3、福岡県1に上った。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加