佐賀市の画家、中尾和紀さん(66)が、10年ぶりの個展「空蝉(うつせみ)の音(こえ)」を開いている。自画像や足をはじめ、電車内で酔っ払った男性などを大胆な筆致で描写。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加