九州新幹線長崎ルートの全線フル規格化を求めてきた長崎県政財界からは、与党検討委の結論先送りを前向きに受け止める声の一方、開業へ向けて進めているまちづくりへの影響を懸念する言葉も聞かれた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加