長崎ルートの与党検討委員会の見解などに対して意見を述べる山口祥義知事=佐賀県庁

 九州新幹線長崎ルートの整備方式を巡り、与党検討委員会が全線フル規格とミニ新幹線の二択で検討する方針を決めたことに対し、佐賀県の山口祥義知事は「違和感がある」との認識を示して幅広い議論を求めた。フリーゲージトレイン(FGT)の導入の正式断念を受け、県内の沿線自治体からは対面乗り換え方式(リレー方式)の長期化を懸念する声も上がった。 

 山口知事は与党検討委が結論を先送りしたことに「地元の合意は大変重く、これまで何十年も時間をかけて知恵を出し合いながらやってきた。この大事なプロセスを分かってもらった」と評価した。FGTの断念については「元々、国が責任を持って提案した話だった。どうしてわざわざ(選択肢から)下ろすのか」と疑問を投げ掛けた。

 武雄温泉駅で在来線特急と新幹線を乗り換える方式がいつまで継続するか見通せない中、山口知事は「(リレー方式の)固定化がいいとは思ってない。みんなが合意できるものを模索することは分かっているつもり」と述べた。一方で「佐賀県はこれまで西九州全体などを考えながら折り合ってきた。FGTだったら何とか県民に説明がつくだろうと、苦渋の決断を余儀なくされたことも分かってもらいたい」と主張した。

 武雄市の小松政市長はコメントを出し、「フル規格、ミニ新幹線のどちらも地元負担が大きな問題になる」と指摘した。リレー方式の長期化について「投資意欲、利用意欲、開業に向けた機運に多少なりの影響がある」と懸念し、「最終的な姿や方向性を早急に出してほしい」と求めた。

 新駅が設置される嬉野市の村上大祐市長は「FGTは従来から難しいと言われていた。国の責任で議論を進めていく必要がある」と述べた。全線フル規格を目指す考えを示しつつ、「高速鉄道網で西九州がつながるように、費用負担や財源など知恵を出し合うべき」とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加